★SPADAジャーナル配信いたしました&周年記念キャンペーンのお知らせ★(健太)

こんにちは。店長の健太です。

本日、SPADAGメンバーズ会員様向け「SPADAジャーナル 2020年1・2・3月号」を配信いたしました。

周年記念キャンペーンの概要をお知らせいたしておりますので、メール会員、LINE会員の方はぜひご確認ください!

また、SPADAジャーナルのメール配信にて、作文が好きな僕が書いたうんちく談話「今月の言葉」を、今後はスパーダブログにて公開させていただくことになりました。
耳にしたことがあるようなないようなことわざ、古代中国の歴史を楽しく知ることができる故事成語、はたまたよく耳にするけど実は意味がよくわからない言葉など、日常生活には特に役立たない雑学を超長文で書いておりますので、興味がある方はぜひ↓↓↓の方をご覧くださいませ~。

-※-※-※-※-※-

★周年記念キャンペーンのお知らせ★

スパーダは3月で4周年!
日頃のご愛顧に感謝を込めて、SPADAGメンバーズ・メール会員、LINE会員の方限定の周年記念キャンペーンを本日より実施いたします!

配信をお受け取りいただいたお客さまだけの特別キャンペーンとなります!
新たにご入会いただいた方は、ご入会当日よりキャンペーンの対象となりますので、この機会にぜひご入会くださいませ!
(ご予約の前に手続きをお済ませくださいね。)

なお、メール会員の方でSPADAジャーナルをお受け取りいただいていない場合、当店からのメールが迷惑メールと認識されている、もしくは受信設定にてブロックされている可能性がございます。
受信設定をご確認の上、当店までお問い合わせくださいませ。

また、LINE会員の方は、LINEアカウントの削除・変更をされますとデータが消えてしまいます。
新しいアカウントより改めてお問い合わせくださいませ。

-※-※-※-※-※-

★今月の言葉★

今年は4年に1度のオリンピックイヤー。
日本で開催される夏のオリンピックは2度目、冬季の札幌と長野を含めても4度目です。
これだけ身近にあるオリンピックはなかなかありませんので、ぜひ多くのアスリートからたくさんの勇気と感動を受け取りたいですね。
コロナウイルスによる騒動でオリンピックの開催が危ぶまれていますが、一刻も早く事態が収束することをお祈りしております。

さて、4年に1度と言えばもうひとつ。
そうです。「うるう年」です。
夏季オリンピックもうるう年も4年に1度、同じ年になるのですが、どうやら偶然のようですね。

うるう年の「うるう」は漢字で「閏」と書きます。
「潤う」のさんずいがないものですが、「閏」は「うるおう」がなまって「うるう」になったという説があります。

「閏」には「本来ないもの」「正統ではないもの」という意味合いがあり、一般的にうるう年のことを指して使われています。
4年に1度だけ訪れる2月29日のことを「うるう日」と言い、うるう日がある年を「うるう年」と言います。

日本ではかつて、月の満ち欠けを基にした「太陰暦」が使われていました。
毎日同じ形に見える太陽とは違い、日々形が変わる月は日にちをカウントしやすいので、昔は太陰暦の方がメジャーだったようです。
ところが、満ち欠けが一周して1か月、1年を12か月とすると、1年がおよそ354日となります。
毎年11日ほどずれていくことになりますので、それが何年も続くと、同じ1月でも、今年は冬なのに10年後には春を通り越して既に桜が散ってしまったという時期になります。
さらに10年後には、1月なのに夏真っ盛り!
暦と季節の関係性が崩れてしまうため、およそ3年に1度、「うるう月」をつくって1年を13か月とし、暦と季節がだいたいそろうように調整しました。

太陰暦に対して、現在世界中で主に使われている太陽暦は地球の公転を基にした暦です。
なんと6,000年も前の古代エジプトでは既に、1年がおよそ365日ほどであることを突き止めていたそうですよ。
ところが、地球が太陽の周りを一周する公転周期は365日と約6時間で、年々少しずつ暦と季節がずれていることがわかりました。
そこで紀元前45年、「賽は投げられた」の名言で知られる古代ローマの英雄、ユリウス・カエサルにより、「ユリウス暦」が制定されました。

ユリウス暦は、それまでと同様1年を365日としたうえで、学者の計算に基づき4年に1度うるう年をつくり366日とすることになりました。
これで、現在の暦に限りなく近づきましたね。

ところが、数百年にわたってユリウス暦を使っているうちに、またまた少しずつ季節がずれてきてしまいました。
ユリウス暦は4年に1度366日となるので、平均すると1年=365.25日となります。
しかし、「太陽年」と呼ばれる、地球が太陽の周りを公転する周期の目安をもう少し詳しく見ていくと、1年=365.2421‥‥日
となり、うるう日を4年に1日増やすとわずかですが多すぎることになります。

ここで登場したのが、現在世界中に広く浸透している「グレゴリオ暦」です。
16世紀後半、時のローマ教皇・グレゴリウス13世は、400年の間に97日のうるう日を含むカレンダーを発表しました。
ユリウス暦より、400年でわずか3日だけ少ない日数にすることで、太陽年により近い周期にしたのです。
これを計算すると、400年=146,097日、平均すると1年=365.2425日となり、ユリウス暦と比べて、太陽年により近くなりました。
日本が江戸時代に入るよりも前に、こんなに細かい計算をする学者さんがいたんですね・・・。

うるう年をいつにするかは、次のように決められました。
・西暦が4の倍数の年をうるう年とする
・ただし、西暦が100の倍数の年はうるう年としない
・ただし、西暦が400の倍数の年はうるう年とする

ちょっとややこしいですね・・・

基本的に4の倍数の年はうるう年となります。
今年は西暦2020年、4の倍数ですのでうるう年ですね。

ただし、100の倍数の年はうるう年となりません。
西暦1700年、1800年、1900年は、4の倍数ですが100の倍数でもあるので、うるう年ではありませんでした。

さらに、100の倍数のなかでも400の倍数の年はうるう年となります。
我々が経験した西暦2000年は400の倍数なので、うるう年でしたね。

今後、4の倍数なのにうるう年にならないのは西暦2100年となりますので、あと80年!!!
まあ頑張って長生きをしないと激レアな状況を体験するのは難しいですね・・・。

ちなみに、グレゴリオ暦でもおよそ3,200年につき1日程度の誤差があることになります。
グレゴリオ暦が始まったのが西暦1582年、その3,200年後はだいたい西暦4800年・・・
地球がどうなっているのか、想像がつきませんね(笑)。

暦が制定された当時の時代背景を見ていくと、「え?そんなことで決めたの!?」というようなことが多々あります。
例えば、
・なぜうるう日は2月なのか?
・そもそも、2月はなぜ28日までしかないのか?
・なぜ、暦と季節を同調させる必要があったのか?
・太陰暦を使っていた日本がグレゴリオ暦を導入した理由は??

などなど、日ごろ当然のようにやりすごしている暦にも、昔の人の知恵とドラマの上に成り立っているわけです。
もしかすると、グレゴリオ暦よりもさらに正確な暦が、今後現れるかもしれませんね。

SPADA TOKYO RESIDENCE2017 終了しました。

店長の健太です。

【SPADA TOKYO RESIDENCE2017】、昨日をもちまして8日間の営業を無事終了いたしました。

昨年に引き続き2回目の開催となった東京営業ですが、昨年の3名から今年は2名のスタッフによる対応となったにも関わらず、昨年を遥かにしのぐ多くのお問い合わせをいただき、東京で営業をするということの反響の大きさを改めて実感し、名残惜しい気持ちで帰阪の途に着きました。

昨年ぶりにご利用いただきましたお客さまも多く、「心待ちにしていた」「来年もまた来てほしい」という温かい励ましのお言葉も多くいただきまして、1日も早い東京出店に向けて、気を引き締めて取り組んでいかなければという使命感に溢れております。

今回お問い合わせをいただきましたにも関わらずお受けさせていただくことができなかった方にも是非ご利用いただけるよう、また日本中から多くの人々が集まる東京で、より多くの方にご利用いただき、「SPADA があってよかった」と感じていただけるよう、より一層励んで参る所存でございます。

2回目となった今回は、前回には見えていなかったことにも気づくことが多く、より良い環境をご提供させていただけるよう試行錯誤を重ねて、是非また来年にも開催させていただきたいと考えております。
楽しみにお待ちいただけますと幸いでございます。

本当にありがとうございました。

最後に、恒例?のスナップショットプレゼント!!

と言いたいとこなのですが、眞君が大阪でご予約をお受けしていて一足先に帰ってしまって僕1人なので、代わりに美味しかったお店をご紹介します(^^;

新宿3丁目にある「軒下(nokishita)」というパスタ屋さんです。
友人に教えてもらったところですが、イタリアン大好きで週に3回はパスタを食べる僕のお腹を満たしてくれる味とボリューム!
メニュー表にはなんと100種類!!?も載っていて、何を注文するか悩むのも楽しみですね〜。
大阪の方も上京の際に行かれてみてはいかがでしょうか・・・。

美味しいものもたくさん食べたので、明日からまたしっかり頑張ります!これからも応援よろしくお願いします(^^)

142600

ナガシマスパーランド遠足(直也、他)

こんにちは!直也です!

7月の上旬 SPADAの有志で三重県のナガシマスパーランドへ行ってきました。

お店の事務所から車2台を使い いざ、ナガスパへ!
道中、車の中で歌を歌いながらノリノリで車を走らせていると、あっという間にナガシマに到着しました。
今回はあいにく天気が曇り空で、到着する頃にはパラパラと小雨が降っていましたが、晴れ男と断言していた純也くんが
「僕が居るから、これから晴れますよ!むしろこれくらいですんだから良かったですね〜」
と自信げに言っていました(笑)
さぁ、これから空は晴れてくるのでしょうか……

ナガシマスパーランド到着後はプールに行きました。
みんな楽しそうに泳いでますね〜

114167

悠人くんもベストなポージングです!

114166

プールで遊び回った後は、ナガシマスパーランドの隣に併設されている、アウトレット施設のジャズドリーム長島にてみんなでお寿司を食べました。

114165
2テーブルに分かれてどっちが沢山食べたかお皿を積み重ねて比べたりしていますね。

114163

お腹も満たされたところで、今度は遊園地の方に行きました。
まずは、みんなで記念写真をパシャり
114161
な、な、なんと…晴れ間が出てきたんです!
純也くんに感謝ですね(笑)

隼人くんは絶叫系が苦手なようで、遊園地では凄く大人しく乗り物は一切乗らず、アイスを頬張っていました。

閉園時間までたっぷりと遊んだ後はお風呂好きのメンバーですぐ近くにある日本最大級の温泉 ”湯あみの島” も行きました。
露天風呂がとても広くてエリアごとにいろんな種類の露天風呂が楽しめる温泉でした。
温泉の施設内では浴衣を貸してくれて、みんなで浴衣を着て写真も撮りました。浴衣姿がとても似合っていますね。

114162

長島を満喫した一行は、近くのしゃぶしゃぶ食べ放題のお店に行き晩御飯をお腹いっぱいになるまで食べました。
帰り道では、ナガスパでの遊び疲れと満腹感から今にも寝そうでしたが、運転してくれている人も居たのでしりとりをしたりして気を紛らわせていましたが、そのしりとりが意外に盛り上がって終始笑いながら帰ることができました!

こんな感じで、SPADAは定期的にイベント行事があり、みんなでワイワイ遊んで交流を深めています。
そのおかげで、お店の中でも和気あいあいとしていて待機中もいい雰囲気でマッサージの練習などに励むことができています。

夏はまだまだこれからなので、皆さんも沢山遊んで疲れた体を是非SPADAに癒しに来てくださいね!

年末のご挨拶

店長の健太です。

 

早いもので、2016年も残すところあと1日となりました。

 

皆さんの今年1年で最も印象に残っていることは何でしょうか?

 

今年は、4年に1度のオリンピックイヤーで多くの日本人選手が大活躍をしたり、日本人の先生が3年連続となるノーベル賞を受賞されたり、ポケモンGOが日本中を席巻したりと、様々な分野で新たな賑わいと喜びを感じる1年でした。

 

また、その反面、未曽有の大震災から5年たった今なお、厳しい立場に置かれている方も大勢おり「原発いじめ」が話題になったり、「保育園落ちた日本死ね」という衝撃的な言葉が流行語に選ばれるなど、例年以上に人の心の闇に突き動かされ、考えさせられる1年でもありました。

 

私の今年1年は、何といってもスパーダで始まってスパーダで終わる、人生で最も頭と体を使った1年でした。

 

思い返せば、スパーダのオープンが3月5日に決まった今年1月、初めての経験に手探りながら課題を書き出し、ひとつひとつクリアしていきなんとかオープンに漕ぎ着けました。

 

お店の将来を思い描き希望が膨らむ反面、不安な気持ちも大きく、スタッフの指導やお客さまの対応から税務のことまで、膨大な仕事量に投げ出したくなることもありました。

 

ですが、優秀なスタッフに助けられ、多くのお客さまに細やかなアドバイスをいただき、思い描いていた以上にこの1年でスパーダも私自身も大きく成長できたと実感しております。

 

 

さて、いよいよ2017年の幕開けが近づいてまいりました。

 

2017年はスパーダ・飛躍の年と位置付け、今年1年でできなかったことはもちろん、既成の概念にとらわれずに新しいことにチャレンジしていく1年にする決意で新年を迎えたいと考えております。

 

まずは、オープン以前より構想を練っておりました「ダブルトリートメントコース」(COMING SOONといいながら1年が過ぎてしまいましたね・・・)、一部のスタッフは練習に取り組んでおりますが、早い時期にお客さまへご案内させていただけるようスタッフ一同練習に励んでまいります。

 

また、【SPADA TOKYO RESIDENCE】第2弾も開催予定となっております。

 

他にもやりたいことはたくさんあるのですが、ひとつひとつをしっかり精査してお客さまにお届けしたいと思います。

 

是非お楽しみにお待ちください。

 

 

話は変わりますが、皆さんは「心に残った言葉」はありますか・・・?

 

私は、高校時代にお世話になった恩師が卒業する私たちへおっしゃった、ただ一言が深く心に刻まれています。

 

「至誠剛健の心を持って生きていきなさい。」

 

恩師が思い望んでいた道を、私は今歩んでいるのか、今となっては確かめる術がありませんが、年々、至誠剛健という言葉への思いは強くなってきています。

 

心身ともに強くたくましく、いつも誠実に、そうすることで進むべき道は見えてくると考えております。

 

 

最後となりますが、本年は大変多くのお客さまよりご厚誼を賜り、誠にありがとうございました。

 

2017年も笑顔で終われるように、至誠剛健の心で励んで参る所存でございます。

 

それでは、健やかに新年をお迎えください。

 

健太

【SPADA TOKYO RESIDENCE】終了しました!

店長の健太です。

「SPADA 東京店」出店の布石となる、第1回【SPADA TOKYO RESIDENCE】、東京に来るまでは不安でいっぱいでしたが、蓋を開けてみると大変多くの反響とともに、多くのお客さまにご利用をいただき、本日無事、帰阪の途につきました。

お問い合わせをいただきましたがお時間が合わず、残念ながら今回はご利用いただけませんでした方も多く、期間の終わりに近づくにつれて、また東京に来たいという気持ちが強くなっていきました。

また、ご利用いただきましたお客さまからも、また是非東京に来て欲しい、大阪のお店に行きたい、との大変励みになるお声をいただき、ご満足いただけましたことを嬉しく思いますとともに、より一層のサービスと技術の向上を目指して精進するよう、気持ちを引き締めて取り組んでいかなければならないと感じております。

競合店がひしめく東京で、当店のやり方がどこまで通用するのか、まだまだ不安のほうが大きいですが、課題をひとつひとつクリアし、おひとりでも多くのお客さまにご利用いただけるよう、そしてご利用いただきましたすべてのお客さまにより一層のご満足を提供させていただけるよう、スタッフ一丸となり、これからも至誠剛健の心で取り組んで参る所存でございます。

ご利用・お問い合わせをいただきましたお客さま、またアドバイスを賜りました多くのお客さまに、心より感謝を申し上げます。

【SPADA TOKYO RESIDENCE】、
大成功、本当にありがとうございました!

最後にサービスショットをプレゼント!
s_5222828763780
帰りの電車に乗る前に、有名な牛カツのお店で舌鼓をうつ純也君と眞君です。
並んだ甲斐があってめちゃくちゃ美味しかったです!

また食べたいので東京に来ます(笑)

健太

SPADA 公式ブログ、開設しました!

みなさんこんにちは!

店長の健太です!

 

大変長らくお待たせをいたしました!

当店の公式ブログがついに開設いたしました!!!

ブログでは、当店の新着情報はもちろん、気になるスタッフのプライベートや素顔に迫る内容もお伝えしていきますよ~!

 

とっておきなお得情報もあるかもしれませんよ・・・!?

 

今回は!

スパーダブログ開設記念に!!

なんと!!!

 

最近の健太のとっておき画像を載せちゃいます!

 

じゃーん!

s__59875368画像ちっさ(笑)

グランフロント大阪にある笑顔採点機に撮ってもらいました^^

なかなかの笑顔でしょ!

 

え?

これじゃ顔がわからないって?

とっておきの笑顔はお店でご覧ください(^^)

 

こんな感じで、スタッフの楽しい画像なんかも公開していきますので、是非お楽しみにご覧ください!

 

それでは、スパーダとスパーダブログをよろしくお願いします!

健太