東海道を歩いてきました その3

良太郎です。お蔭様で、念願の睾丸トリートメントに対応となりました!
睾丸…。男性なら、皆そのデリケートさはお分かりでしょう(笑)。痛くないように、程よい力加減で施術するのが大変でしたが、練習を重ねて基準をクリアしたということで、ついに睾丸デビューとなりました!

皆さんに気持ちよくなって頂けるように精一杯させて頂きますので、どうぞお試し下さいね。

それでは第3弾、参りましょう!
良太郎の「東海道を歩いてきました」その3、始まり始まり~!!

今回の宿場は、お江戸日本橋を出てから3つ目、「神奈川」です!

3神奈川
横浜駅のすぐ近くにありますが、実は横浜駅は当時、湾の中でしたw(゜o゜)w
余談になりますが、横浜村は当時は大変寂れた村で、湾に蓋をするように砂浜が延びていました(横に浜が延びていたことから「横浜」と呼ばれるようになったということです)。砂浜なので農業も出来ず、中国に輸出するナマコ捕りとその加工で生計を何とか立てていたということです。
今の中華街辺りから細い砂浜が始まり、馬車道・桜木町辺りで途切れていたそうです。人口はたったの482人!!…これが大都市横浜の原形だったんですね。

…宿場の話を忘れていました。神奈川宿は幕末に外国との交流拠点として目をつけられ、寺院が次々と西洋諸国の総領事館や寄宿舎になった所で、あわよくば日本を植民地化しようとコッソリ企む西洋諸国と右往左往する日本人の駆け引きに巻き込まれた宿場になります。
マンションや個人商店、民家などが建ち並び、狭い旧街道沿いにお寺などは残っていて説明板もありますが、当時宿場として賑わっていた面影はありません。近くに横浜駅があるので、「大都会の地方」と言った感じです。
最寄駅は京急線の「神奈川駅」になります。

○当時(天保14)の神奈川宿の人口5793人、家の数1341軒

名物:黒薬(宿場内の本覚寺が販売していた薬。頭痛・めまい・立ちくらみ・脚気・痛風・打ち身・くじき・腫れ・切り傷・止血・打撲・安産・産後の肥立ち・せき・たん・虫さされ・やけど・疫病・痔など、信じてこの薬を用いれば治るということです。)

東海道を歩いてきました その2 (良太郎)

こんにちは!皆様のお陰で、一般スタッフになることが出来ました良太郎です。練習を重ね、やっと合格しました!今後も努力を怠らずに精進して参りますので、どうかよろしくお願い致します!!

さて、前回から始まりました、良太郎の「東海道を歩いてきました」シリーズです!

今回は2回目ということで、お江戸日本橋から2つ目の宿場、「川崎」についてご案内致します!
1はこちら

…あまり写真が撮れていないのですが、ちゃんと五十三次制覇していますからね~。 それでは参ります!

2川崎
駅前の飲み屋街、パチンコ屋など雑踏の中を貫いていて、とても歴史ある道には思えませんw(゜o゜)w
「京急川崎駅」が最寄りになります。

多摩川の河口に街があり、川の先にあるから「川崎」と名前がついたそうです。六郷の渡し船に乗って沢山の人や荷物が行き来し、川崎大師への参詣者も多かったことから大変賑わっていた宿場です。
もちろん、今も工業都市として賑わっていますけどね。

名物は「奈良茶飯」。豆や穀物を茶で炊いたもので、庶民はじめ参詣者や武士達も大好きだったようです。
今も奈良茶飯の現代式復刻版がありますので、興味のある方は川崎へ行かれてみて下さい!

おお、今回も長くなりました。今日もこの辺で。
○当時(天保14)の川崎宿の人口2433人、家の数541軒

東海道を歩いてきました(良太郎)

東海道って何?新幹線?いえいえ、ちがいますよ~。道です。
江戸時代に人々が行き交っていた旧街道を先日歩いてきました。
江戸の日本橋を起点に京都の三条大橋まで約492キロ、途中53か所の宿場(宿泊場所)がありました!

そこで、今後シリーズとして宿場のご案内をしちゃいます!
あまり写真が撮れていないのですが、ちゃんと五十三次制覇していますからね~。

それでは、今日は東海道最初の宿場「品川」についてです。
1品川
今は下町って感じで住宅や商店が建ち並んでいる「昭和」な街です。
え!品川駅前じゃないの?
そうです。実は品川駅は宿場から1キロ近く離れていて、住所も品川区ではなく、「港区」になっているんです。
京急線の「北品川駅」が最寄りなんですよ~。

品川宿は真ん中に目黒川が流れていて、北側が北品川、南側が南品川、東側は一面が海だったとか。
今では想像できないですね。
名物は「のり、芝エビ」。

京都から歩いて来ると終点間近なので遊ぶ人も多く、飯盛女(給仕だが事実上遊女)がたくさんいて、賑やかだったとか!
おお、長くなりました。今日はこの辺で。
○当時の品川宿の人口6890人、家の数1561件

良太郎のご紹介

プロフィールは、165センチ、68キロ、32歳のスタッフです!

良太郎君は男っぽい豪快な部分があり、また、細かい気遣いが得意な優しい部分もあります。お客さまからは、緊張感を持たずに癒される事ができる、ととても好評です。
ガッチリとした体格の良太郎君に包み込まれながらのストレッチ、そしてオイルトリートメントはいかがでしょうか?

 

オイルトリートメントは一つ一つ丁寧な施術をします。手の平全体を使う事を意識していますので、雑な印象もなく、心地の良い時間をお過ごしいただけるかと思います。ストレッチはお客さまの身体の伸びを見ながら、優しく、そして密着度を高めて伸ばしていきます。
30代ならではの気の利いた施術と、その後をお楽しみください。

顔は、優しく、目が大きめ、愛嬌のある顔をしています。短髪の落ち着いた30代、といった雰囲気でしょうか。写真で見ると少し怖そうに見える、と言われる事もありますが、そんな事はなく、とても話しやすいと思います。

身体は、ガッチリとした筋肉質な身体です。今でもジムにしっかり通い、そしてその他の運動もしているようですので、持久力もあるようです。大きい大胸筋はぜひ見にいらしてくださいね。

そして、良太郎君は旧街道や京都東山についてとても好きなようで、詳しいそうです。更に、「和太鼓検定3級!!」だそうです。私管理人にそれがすごいのかはわかりませんが、和太鼓好きな方も、そして3級のすごさが分かる方、是非ご指名お待ちしております(笑)。

基本的に週2~4でお店に待機しています。ご予約はお早めにお願いします!

良太郎のその他の画像

良太郎です。

良太郎です。

デビューしてもうすぐ2ヶ月となります。色々な方との出会いを楽しみながら日々勉強させて頂いております。

日本男児に憧れを持っていて、自分もそのように格好良くなりたいと昔から願望がありました。和太鼓や人力車を通して、30を超えようやく「うーん、10年前の自分と比べたら少しは理想に近付いているかな?」と思えるようになってきました。

…とは言っても、まだまだですけどね(笑)
これから更に理想に近付けるよう外見も内面も磨いていきたいです。

最近嬉しいことがありました!僕は東海道を歩いているのですが、先日、やっとお江戸日本橋にゴールしました!京都の三条大橋から約500キロ!頑張りましたd=(^o^)=b
地理の好きな方、日本男児に憧れのある方、是非是非お話しましょう(^o^)/

%e8%89%af%e5%a4%aa%e9%83%8e